起業する年齢は何歳がいいですか?

起業するのに、ベストな年齢は何歳だとあなたは思いますか?若さがあり積極的な20代で起業するのがいいのか?少し社会経験を積んだ頃、30代で起業するのがいいのか?それとも経験と少しの懐に余裕も出てくる40代で起業するのがいいのか?

結婚に適齢期なんていう言葉が使われますが、起業にも同じ適齢期なんていう時期があるのでしょうか。私は、起業に適齢期は確かに存在すると思います。さあ、その年齢は何歳だと思われますか?

答えは・・・CMの後、とか言いたいところですが、CMがないので続けますね(笑)。答えは「興(おこ)すビジネスによる」だと思います。一番簡単な例を挙げると、ターゲット層ではないでしょうか。

20代やそれ以下をターゲットするビジネスをするのに、40代で起業した人と20代で起業した人、どちらがターゲットの心を捕まえやすいと思われますか?

もちろん、その逆も同じで40代やそれ以上をターゲットにするのに、40代で起業した人と、20代で起業した人のどちらが有利だと思われますか?

その他、歳をとると、増えるものと失われるものが、お互いありますよね。歳をとると、経験やお金や知識は増えますが、体力や若さや持続力は失われる傾向にあります。そのため、あなたが始めようとされているビジネスに何が必要かによって、起業の適齢期は変わると思いませんか?

ここまで読んで、ご自身のビジネスを振り返ってみてください。さあ、あなたのビジネスは、何歳が起業適齢期でしたか?もしかして、「ああ、僕(私)の始めようとしたビジネスの適齢期を既に過ぎている」または、「適齢期まで、まだ来ていない、時間がある」と感じてしまいましたか?

そう思われた方は、安心してください。補う方法はあります。起業家は、自分で全てを用意するという考えを捨てましょう。足りないものは、他から調達するのです。みんな不完全な人間です。あれもこれも一人で揃えることはできません。

若さと経験を同時に持つことはできませんし、20代起業家の柔軟性を40代起業家が持つことはできません。逆に40代起業家の貯蓄を20代起業家がするのも、少し無理があるかもしれません。

足りないものは、外部から調達すればいいのです。人・物・金のうちあなたが、持っているのは何ですか?足りないものは何ですか?私のような個人投資家は、お金を出資できます。人はどうやって調達しましょうか。

自分が持っているものと、持っていないもの。それをどのように調達していくのか、考えるところから、ビジネスの起業が始まっていると言えるのかもしれませんね。あなたのビジネスの話を聞かせてもらえる日を楽しみにしていますね。

エンジェル投資家なかいてつや:-)

投資家ブログ一覧を見てみる

エンジェルコラムを見に行く

あなたが知りたい情報をサイト内から素早く探す

コメント


認証コード7081

コメントは管理者の承認後に表示されます。