会社概要

エンジェル投資家、個人投資家なかいてつや

投資家としての歩み

0歳 1975年誕生

大阪で、長男として生まれる。父の名前に「トシオ」、母方の祖母の名前に「トシコ」とあるが、この名前故に、「トシ(投資)」と関わるようになったと言う説もあるとか、ないとか・・・。この後、私の下に5人の兄弟ができるとは、思いもしなかった。というか、0歳では、そんなこと、想像さえできないか。

7歳 最初で最後のいい経験

小学生最初で最後の良い想い出。バレンタインデーでハート型のチョコをもらう。学校生活で、最初で最後のチョコ。ここから6年間、いじめられっ子生活を堪能することとなる。もちろんチョコのせいではない。

10歳 最初のお金儲け

たまたま散歩している時に見つけた、フィルム現像の安い店。駅前にある現像店との価格差が、約二倍(安い店500円、高い店1000円程だったと記憶している)あることに気付き、数少ない友達に「フィルム現像を安くやってあげる」と言って、小遣いを稼ぎだしたのがこの頃だったように思う。

14歳 お金で友情を買ってた

後に家出を手伝ってもらう叔父の事業のおかげで、金回りが良かった祖母。会いに行くと、毎回1万円をくれていた。友達の居なかった私は、あるグループに「焼き肉を好きなだけおごってあげる」と声をかけ、形だけの友情を買う。最初は満足だったが、自分で仕掛けたくせに「結局、お金しか見てくれていない」と、勝手に寂しがっていた。「心をお金で買うと、後々まで自信が持てない」と言うことを学んだ、貴重な経験のひとつ。

16歳 家出

とても厳しかった両親の元からの逃亡を計画する。ある夏の日の夕方、家を出たっきり戻らなかった。当時、お金持ちだった叔父が、ヘリコプターを持っていたので、関西テレビの屋上からヘリコプターを飛ばして、四国は高知県へ逃がしてもらった。逃がしてもらったと言えばかっこいいが、実は高知県に親戚がいたので、預けられただけだったようだ。

しかし、親戚の家からも脱走して、年齢詐称(18歳ですと言っていたが、子供の顔なのでバレていたと思う)で住み込みで働かせてもらっていた。この夏は高知県で過ごし、数ヶ月経った頃、流石に寂しくなり、自分から親に電話。「一人暮らしを認めること」を条件として一旦帰宅する。今考えれば、こんな脅迫のような条件を、親はよく許してくれたものだと思う。ちなみに、その後、ヘリコプターを飛ばしてくれた叔父は、バブルの煽りを受けて倒産したらしい。

17歳 公認の一人暮らし

「一人暮らしを始める」という条件の通り、大阪は枚方パークの側にある、ボロアパートで一人暮らしを始める。裏に阪神電車が走っていて、電車が通る度にCDの曲が数曲飛んでいた。なにかと、偉そうな事ばかり言うが、口ばっかりでお金は無いので、敷金や、遊び呆けて家賃を払えないときなどは、父に借りていた。

この辺りから、ドラムを始めてバンドを組むが、髪を伸ばして髪は金髪、ピアスはして格好だけは一人前だけど、全然練習をしないのでヘタクソ。丘サーファーと揶揄(やゆ)されているのが、褒め言葉だと勘違いして喜んでいた、とても痛いヤツだった。

18歳 九州へ放浪の旅

「ロックンローラーは放浪だろう」と言うことで、パンツと靴下を各3枚と、現金5万円だけ持ち、普通電車で2日かけて九州は福岡へ向かう。思いつきで向かったので、大阪で当時借りていた部屋は自分で解約もせず、父に電話して「あとよろしく!解約して部屋の荷物捨てといて」と言って旅立った。どこまでも、舐めている奴だった。

19歳 気楽に浪費

日雇いのアルバイトをしながら、気楽な毎日を生きていた。お金が貯まったら、中古の車を買ったりして、浪費していたが、毎日が楽しければいいという、刹那的な青春を満喫していた。

20歳 貯金が身につく

この頃まで、朝起きるのが苦手で、あまり働かなかった。今で言えば、半分ニートかもしれない。ある友人が、毎日朝迎えに来てくれたお陰でペースができ、きちんと働くようになり、この頃から「支出を抑えれば、お金が勝手に残っていく」という感覚が身についたように思う。

21歳 家業を継ごうとする

父は大工をしていたが、ちょうど忙しくなっていたので、戻ってきてほしいと言われ大阪に戻る。今考えれば、私が胃潰瘍で入院した直後だったので、無理をさせないために、忙しいと言っただけのような気がする。

一応、親孝行しようかと思う気持ちにはなってきており、10代で作った父からの借金を、父の手伝いをして得たお金で返した。内部循環しているだけなので、返したと言えるかどうかは微妙だけど。

この辺りでは、小銭を貯めては人に貸したりし出したが、契約や担保など保全の知識や考え方は全くなく、ほとんど全てが帰って来なかったと思う。

23歳 家業を継ぐのを諦める

父の大工の仕事が、急激に減る。当時は、集客の方法も分からず、今のように、パソコンやインターネットもなかった。毎月の給与もほとんど無い月が続き、引越しのアルバイトや、土木作業などをして食い繋いでいた。辛かった。

24歳 就職

福岡にいるときに、アルバイトをしていた会社の人に紹介され、大阪にある某上場会社の子会社へ社員として就職。初めての会社員となる。スーツを着て、定期券を持って出社するだけで、なんだか急に大人になった気になっていた。

27歳 副業三昧

会社員のかたわら、副業として自ら、物品販売やサービス業を行ったり、たこ焼き屋への出資したりもしたが結果は散々。この辺りは、貯金しては副業や出資をして失敗し、お金が無くなっては、また貯金して貯めるということを繰り返していた。

このあたりから、会社においてあった日経新聞を読みだしたが、正直、何が書いてあるのか理解していなかった。株価欄なんて、見ても判らないのに、さも判る顔して眺めていた。もちろん、株式公開も上場も、意味が判っていなかった。

31歳 起業

「来年から主任です」と辞令が出たのを機に、「このまま役職があがれば、安定に甘んじる」と思ったため、会社員を辞めて起業する。しかし起業した時には、明日から何をするのかさえ、決まっていなかった。当然、毎朝出社しても、やることは無かった。それなのに従業員を雇っていたため、退職金と貯金を原資とした資本金の500万円は、1年ほどで無くなった。

32歳 不動産投資

祖父が亡くなったため、祖母が家を売ろうとするも売れず、代わりに売ってきて欲しいと相談を受ける。自ら貯金をはたいて、その家を買い取り、初めての不動産による運用を行なった。この不動産投資によって、漠然とではあるが、「投資したものがお金を運んで帰ってきてくれる」という感覚を覚えたような気がする。

33歳 現物株や225先物の自動売買

ウォーレン・バフェットに影響を受け、現物株による投資を始める。企業の現在価値を計算し、割安株を探すというバリュー投資という方法だった。知識は、手当たり次第に書籍を買って勉強した。期間は、数日から数週間の短中期の投資が多かったように記憶している。

34歳 個人の事業への投資を開始

個人の事業への投資を行なった。最初の案件は50万円の出資からスタートした。これまでも、個人に対して、投資に近いことをした時期もあったが、「運用」という意識を持って投資したのは、この辺りからだと思う。ちなみに、この時に投資した人が、後のエンジェル投資の基盤を作るきっかけを作ることとなる。

35歳 225先物や為替による短期投資開始

個人への事業投資よりも、もっと短期で資金を回転させて利益を得る方法を模索する。225先物や為替による短期投資、デイトレードを始める。1日24時間のうち16時間は、モニターを見続ける日々。少なくてもこれは、不労所得ではないと思う。しかし、まさに相場は人生の縮図。相場からは、人生の多くのことを学ぶことができた。

36歳 エンジェル投資開始

エンジェル投資の基礎となった、最初の事業への投資を行った。しかし、当時は「エンジェル投資」という言葉も知らないし、まだ今のような目的も固まっておらず、ただ漠然と「事業をしたい人に出資したい」というだけのものだった。お金への執着が、減って行ったのも、この辺りだったような気がする。

39歳 起業家の公募を開始

紹介のみでエンジェル投資を行っていたが、出資案件が増えずに利回りが低下する。既に出資していた法人内での社内ベンチャー案件や縁故出資も検討するが、成果が上げるに至らなかった。そのため、ウェブサイトを作り、不特定多数の起業家への公募を開始した。恥ずかしながら、この年になってやっと「エンジェル投資」と言う言葉を知った。

40歳 エンジェル投資に集中

投資対象を、創業期の起業家への投資を目的とした「エンジェル投資」一本に絞る。配当の二重課税により、投資資金が減ってしまうのを防ぐことを目的とし、法人(エンジェル・ファンド・ジャパン)での運用を開始した。